リサイクルトナー概要

リサイクルトナーは業者が顧客から回収した使用済みのトナーを分解、洗浄、修理、部品交換などの必要作業を行い、新しいトナーを充填して再び使用できるようにしたもののことを言います。
リサイクルトナーはつかい終わったものを再びよみがえらせて使用可能にするため、新品のものと比べて非常に安価に買い求めることができます。

新品のトナーは各メーカーが研究・開発を行って販売にいたりますが、リサイクルトナーはもとからあるものが基盤となるため、研究費や開発に要する費用がかかることもありません。
また、たくさんの企業がリサイクルトナーの製造に着手しているため、競争が促進されて適正価格で販売されるというメリットもあります。

リサイクルトナーは登場直後は不具合や不良がよく見られましたが、技術が向上して最近はそういったトラブルは少なくなっています。
しかし、企業によっては低品質のものをいまだに販売していることもあるため、利用する場合は高品質なものを選ぶ必要があります。
品質がよく保証内容も充実している販売元で買い求めることができれば、安い価格でいいものを手に入れることができます。

使用済みのトナーカートリッジは産業廃棄物に分類され、本来は処分はむずかしいと言えます。
そういったものをリサイクルすることで無駄を省くとともに、限られた資源の有効活用につながります。
そんなメリットの多いリサイクルトナーについて、くわしく見てみましょう。